伊達政宗公は貫禄あるお歳を召した方

仙台の有名なお菓子はいくつかあります。その中で、あまり知名度は高くなくても美味しい物がいくつかあり、その一つに「伊達絵巻」があります。

伊達絵巻は、バウムクーヘンをクルリと筒状に巻いた形をしていて、筒の中にあんこ若しくはクリームが入っています。

大きさは一口サイズで、見た目はある九州銘菓に似ています。

ただし伊達絵巻の方が、バウムクーヘンが固めかもしれません。

また、伊達絵巻が入っている箱がオシャレでして、「絵巻」というように、箱の開ける部分をを紐で結んでいて本や絵巻を連想させます。

包み紙と箱の絵も面白く、包み紙に描かれている伊達政宗公は貫禄あるお歳を召した方なのに、それを外し箱を見ると若々しく凛々しい政宗公が描かれているのです。

伊達男な政宗公を見るためには買わなければいけないのかもしれませんね。

味はというと、クリームは口当たりが軽く、まろやかな甘みがあります。あんこは程よい甘みがバウムクーヘンと一体化することにより、和菓子のようになります。

私はあんこの方が美味しいと思うのですが、クリーム派もいますので好みで別れるのでしょう。

これまでお土産でしか貰ったことがないのですが、仙台に行った際には買って帰ろうと思います。